Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

一世一代の決心。28歳脱サラからのワーホリ!

 

海外で生活してみたい!!

 

 

 

これが私の長年の夢だった。

海外に行くチャンスなんていくらでもあった…

でも、周りと違う道に進むことが怖くて、親の期待を裏切りたくなくて、

結局、周りにつられて大学へ進学、周りにつられて就活。

いい時代だったということもあり、そこそこの大手企業に入社。

 

勤務して6年が経った頃、30歳を目前にして、

本当にやりたいこと が何かをふと考えた。

結婚?仕事??それとも・・・

1度しかない人生で、やっぱり実践してみたい夢!

それが✨海外留学✨でした。

 

でも、ワーホリって何をしたらいいか分からないし、

どれくらいお金がかかるかも分からない。

とりあえず話を聞かないと!!

そう思い、留学支援センターへ足を運ぶ。

 

留学支援センターで話を聞くと、行きたい気持ちは高まるばかり!!

これはもう行くしかない・・・ 結局そうなった。

具体的な希望(行きたい国、期間、語学学校の必要有無、海外保険…etc)を伝え、

その日にはざっとした見積もりを作ってもらう。

 

・長年英語に触れていなかったので、語学学校には行きたい。

・ホームステイは嫌なので(自炊がしたいから)寮のある学校へ行きたい。

・学校は3ヶ月、その後は現地でアルバイトをして生活したい。

・日本人の少ないところに行きたい。(少しでも自分を追い込みたかった)

 

私の最初の希望はこんなところかな?

国は、オーストラリアかカナダですごく迷ったが、

ビーチサンダル・短パンで学校に行きたい♡

そんな単純な理由でオーストラリアを選択。

 

見積もり金額は、結構高かったな…

今思えば、保険ぐらいは自分で手配すれば、もっと費用を抑えられたと思う…

 

お金はやっぱり心配だったし、退職の準備(仕事の引継ぎとか)もあったから、

出発は6ヶ月後に設定。(語学学校は週単位なので、期間はわりと自由に決められる)

 

出発までの6ヶ月は、とにかく必死に英語の勉強をした。

週1回の英会話、映画やドラマで英語を聞く練習。

(特にディズニー映画などの子供向けは、英語初心者にはGood)

効果があったのかは分からないけど、こうすることで、不安を和らげることはできた。

 

そんなこんなで、あっという間に出発日はやってきて、

たくさんの不安と期待を胸に、オーストラリアへ旅立ったのであった。